給料計算代行

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎月の給料計算処理を代行いたします。

毎月行う処理とは言え、給料計算には常に疑問点が付きまとうものです。

計算期間中に入社もしくは退職した従業員に支払う賃金はいくらにすれば良いのか、何種類もの手当の中で時間外・深夜・休日割増賃金の算定基礎に含めなければならないのはどれか、平均賃金の算定が必要になったけどどう計算したら良いのか分からない…等など。

不正確な給料計算をしてしまうと、後で従業員から「残業代をきちんと払ってもらえない」という理由で労働基準監督署や弁護士に駆け込まれてしまうリスクが有ります。また、雇用保険料や各種社会保険料を天引きする金額を正しく算出しておかないと、それらの保険から受ける給付の額が思いのほか低いとして年金事務所等を巻き込んだ事態にもなりかねません。

給料そのものの計算方法もさることながら、法律上は加入が義務付けられている従業員に対して、「パートタイマーだから」「契約社員だから」という理由で、雇用保険料や社会保険料の計算を怠っているケースも散見されるところです。

当事務所では、専門家としての確かな知識に基づき、正確で法律に則った給料計算をいたします。

2014年10月24日